記事

令和3年11月30日(火)2021年度第8回日本臨床歯科学会福岡支部学術講演会

令和3年11月30日(火)Webにおいて、2021年度第8回日本臨床歯科学会学術講演会が会員71名参加のもと開催された。

教育講演として、東京都中央区日本橋でご開業のエムアンドアソシエイツ矯正歯科、増岡尚哉先生を講師にお招きし、「マウスピース矯正の現在地」という演題でご講演いただいた。

様々なマウスピース矯正の紹介から始まり、インビザラインの歴史、マルチブラケット矯正治療との比較、インビザライン治療における歯牙移動の仕組みなど、基本的なことからご講演いただいた。

また、様々な臨床例を提示していただきながら、アタッチメントの種類と働き、その他の補助的メカニクス、IPRなど、インビザラインの考慮すべきところ、クリンチェックの勘所までご提示いただいた。

後半には、「エムアンドアソシエイツ矯正歯科」における歯科医師、歯科衛生士のチームビルディング、チーム戦略など、歯科経営のことまで細くご提示いただいた。

会員からの活発な質問にも丁寧にお答えいただき大変有意義な講演会となった。

カテゴリ| 活動報告
ページトップ